水栓の水漏れを直す


水栓からの水漏れの原因で最も多いトラブルは、パッキンの老巧化による水漏れです。パッキン交換に数千円の費用を支払うのであれば、自分で道具を揃えて直すことを試してみましょう。道具の購入とパッキンの費用だけであれば、工事会社を呼ぶ費用の半分以下で修理を行うことができます。

水栓修理をするときには、まずは止水栓を閉めることが一番です。止水栓の場所はマンションなら入口近くの通路でガスや電気メーターが一か所になっているところにあります。戸建ての場合ならば、野外のメーターボックスの中にあります。洗面所の止水栓は洗面台の下にあることが一般的です。

水栓の水漏れは、パッキン老化によると前述しましたが、パッキンには2種類あります。ひとつがコマパッキンです。吐水口からの水漏れがこれにあたります。パッキンを購入する場合には、水栓の種類によって大きさが違うので、どのタイプであるかを確認します。もし、分からなければスマホで写真を撮ってホームセンターの係り員に見せれば教えてもらえます。それができなければ、最初にウォターポンププライヤーでハンドルの下のカバーナットを外し、ハンドルを緩めてスピンドルごと取り外します。そうすればパッキンが見えるので、取り出してそれを持って新しいパッキンを購入し、交換するだけで修理は完了です。こういた水栓の簡単な修理方法や対処方法は、ネット上から調べることができます。水栓の水漏れトラブルが起こったときには必要な情報を、探して自分で出来ることならば、トライしてみることが節約になります。